【中日ドラゴンズ】9月までの個人成績総まとめ

中日ドラゴンズ

シーズンは9月が終わり3分の2以上を消化しました。

ここで、9月終了時点の選手たちの成績をまとめたいと思います。

※赤文字はチーム1位、順番は投手は投球回数順で野手は打席順

投手

<9月月間成績>

名前 登板 先発 投球回 奪三振 防御率
大野雄大 5 5 3 2 0 0 40 42 1.35
福谷浩司 4 4 2 0 0 0 28.2 23 1.26
松葉貴大 4 4 1 2 0 0 18 15 4.50
柳裕也 4 4 1 2 0 0 16.2 19 7.56
又吉克樹 10 0 3 0 0 0 12.2 10 4.26
岡野祐一郎 3 3 0 1 0 0 12.1 8 6.57
勝野昌慶 2 2 1 1 0 0 10.1 8 6.97
祖父江大輔 11 0 1 0 0 6 10 5 0.00
R・マルティネス 10 0 1 0 5 1 10 18 1.80
福敬登 10 0 0 1 0 7 9.1 5 3.86
谷元圭介 10 0 0 0 0 5 8.1 2 1.08
藤嶋健人 7 0 0 0 0 1 8.1 7 3.24
木下雄介 7 0 0 0 1 0 6.1 9 5.68
ゴンサレス 6 0 0 0 0 0 5.1 7 5.06
清水達也 2 0 0 0 0 0 5 5 0.00
ロドリゲス 1 1 0 1 0 0 4.2 8 9.64
吉見一起 1 1 0 0 0 0 4.1 2 4.15
山井大介 3 0 0 0 0 0 4 1 6.75
小笠原慎之介 1 1 0 1 0 0 3 2 18.00
岡田俊哉 2 0 0 0 0 0 1 0 18.00
橋本侑樹 1 0 0 0 0 0 1 0 9.00

<9月までのシーズン成績>

名前 登板 先発 投球回 奪三振 防御率
大野雄大 15 15 7 5 0 0 111.2 115 2.18
福谷浩司 9 9 4 2 0 0 58.1 48 2.47
柳裕也 11 11 3 6 0 0 56.1 63 4.47
松葉貴大 11 11 3 5 0 0 56 38 3.54
梅津晃大 7 7 2 3 0 0 43.1 43 3.74
勝野昌慶 8 8 2 4 0 0 42.1 33 4.46
岡野祐一郎 9 9 2 2 0 0 40.1 38 5.36
祖父江大輔 36 0 1 0 0 19 34.1 20 1.31
福敬登 35 0 4 3 0 15 34 22 3.86
R・マルティネス 32 0 2 0 14 7 32 31 1.13
山本拓実 9 5 1 3 0 0 29 25 5.59
ロドリゲス 5 5 2 2 0 0 28.2 31 3.77
岡田俊哉 29 0 2 2 3 3 24 27 4.88
ゴンサレス 24 0 0 0 0 4 23.2 25 4.18
小笠原慎之介 4 4 1 3 0 0 19 16 7.11
谷元圭介 22 0 0 1 0 5 19 11 2.37
吉見一起 4 4 1 2 0 0 17.1 9 5.71
橋本侑樹 12 0 0 0 0 0 15.2 13 9.00
佐藤優 13 0 0 0 0 4 15.2 12 5.74
又吉克樹 13 0 3 0 0 0 15 12 3.60
藤嶋健人 14 0 0 0 0 2 14.2 15 2.45
木下雄介 13 0 0 0 1 0 12.1 17 3.65
山井大介 6 0 0 0 0 0 8 5 9.00
鈴木博志 6 0 0 0 0 0 7.2 4 12.91
濱田達郎 7 0 0 0 0 0 5.1 5 6.75
清水達也 2 0 0 0 0 0 5 5 0.00
三ツ間卓也 4 0 0 0 0 0 4.1 7 20.77

先発陣は、やはりエース大野の活躍が目立ちます。

連続完投は途切れましたが、9月も2完封を記録するなど安定していました。

この大野に続く投手の頑張りがカギになっていきそうです

現在のローテーションでは福谷、松葉、勝野らに期待です。

中継ぎ陣では、福、祖父江、マルティネスの勝利の方程式の安定感は抜群で、6回終了時にリードしていれば24連勝中の不敗神話は継続中です

野手

<9月月間成績>

 名前 試合 スタメン 打席 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 四死球 打率 出塁率
大島洋平 25 25 113 100 32 1 6 2 12 .320 .393
ビシエド 25 25 106 86 19 2 17 1 17 .221 .350
京田陽太 25 25 104 96 21 2 6 1 5 .219 .257
高橋周平 25 25 102 94 29 2 12 0 5 .309 .343
アルモンテ 23 23 96 79 25 4 9 0 16 .316 .432
阿部寿樹 24 23 93 85 18 1 12 1 6 .212 .264
木下拓哉 22 18 71 69 23 2 10 0 1 .333 .343
平田良介 20 17 70 59 18 1 9 0 10 .305 .406
福田永将 5 5 18 16 4 1 3 0 2 .250 .333
郡司裕也 8 4 18 16 2 0 0 0 1 .125 .176
井領雅貴 13 1 16 16 2 0 4 0 0 .125 .125
堂上直倫 11 1 14 13 5 0 0 0 1 .385 .429
石垣雅海 9 2 12 12 2 1 1 0 0 .167 .167
溝脇隼人 9 1 9 8 1 0 1 0 1 .125 .222
加藤匠馬 4 3 9 8 1 0 0 0 0 .125 .125
シエラ 2 2 9 8 4 1 2 0 1 .500 .556
遠藤一星 10 0 8 6 2 0 0 0 1 .333 .429
武田健吾 18 0 4 3 0 0 0 0 1 .000 .250
渡辺勝 3 0 2 2 2 0 0 0 0 1.000 1.000

<9月までのシーズン成績>

 名前 試合 スタメン 打席 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 四死球 打率 出塁率
大島洋平 87 87 388 340 105 1 25 10 37 .309 .375
ビシエド 87 87 368 325 85 14 63 2 34 .262 .323
京田陽太 88 88 352 320 74 4 21 5 24 .231 .284
阿部寿樹 84 80 335 307 75 8 40 2 22 .244 .293
高橋周平 77 75 312 280 86 5 32 1 29 .307 .369
アルモンテ 50 46 200 171 45 8 22 1 28 .263 .365
福田永将 57 47 194 175 42 4 19 0 18 .240 .309
木下拓哉 58 44 170 158 42 2 13 0 9 .266 .305
平田良介 46 38 166 144 33 2 15 0 21 .229 .325
井領雅貴 59 25 130 111 23 0 11 0 17 .207 .313
A・マルティネス 31 16 78 71 21 2 10 0 7 .296 .359
郡司裕也 23 16 69 58 10 0 4 0 9 .172 .279
遠藤一星 44 5 47 35 7 0 2 0 8 .200 .341
石川昂弥 14 11 41 36 8 0 1 0 4 .222 .300
溝脇隼人 31 6 38 36 7 0 3 0 2 .194 .237
加藤匠馬 25 13 38 33 5 0 1 0 1 .152 .176
武田健吾 57 6 38 30 3 0 1 0 4 .100 .200
堂上直倫 28 2 34 29 6 0 2 0 4 .207 .294
石垣雅海 20 4 27 26 4 1 1 0 1 .154 .185
根尾昂 6 4 15 15 1 0 0 0 0 .067 .067
石川駿 11 1 13 10 3 0 2 0 3 .300 .462
渡辺勝 16 0 9 9 2 0 0 0 0 .222 .222
シエラ 2 2 9 8 4 1 2 0 1 .500 .556
岡林勇希 6 1 7 7 2 0 0 0 0 .286 .286
三ツ俣大樹 8 0 6 6 1 0 0 0 0 .167 .167

9月には首脳陣がレギュラー陣を我慢して使い続けた結果、ようやく打線が固定できたように見えました。

しかし、途中に平田の離脱があり代わりにシエラが入っているという状況です。

ケガ人が出たときに代わりがいるというのは層が厚くなったと感じます。

課題は長打力とチャンスでの打撃でしょうか。

まとめ

最も安定した成績を残している中継ぎ陣、先発陣は2番手以降の活躍、野手陣はビハインドでの反撃を期待したいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました