【中日ドラゴンズ】衰え知らずのリードオフマン大島洋平、2020年選手振り返り#23

中日ドラゴンズ

2020年中日ドラゴンズの1軍で活躍した24選手を振り返っていきたいと思います。

今回は、大島洋平選手です。

大島洋平、2020年成績

月・年間 試合 スタメン 打席 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 四死球 打率 出塁率
6・7月 37 37 165 143 42 0 9 3 16 .294 .365
8月 25 25 110 97 31 0 10 5 9 .320 .377
9月 25 25 113 100 32 1 6 2 12 .320 .393
10・11月 31 31 137 122 41 0 5 6 14 .356 .404
年間 118 118 525 462 146 1 30 16 51 .316 .382

相変わらずの打棒で2年連続最多安打

今シーズンも1番センターで出場し続け、その活躍はさすがの一言でした。

不調の時期はほとんどなく打率3割をキープし2年連続の最多安打のタイトルを獲得しました

35歳のベテランとなっても変わらない成績でベストナインとゴールデングラブ賞両方射程圏内の位置にいると思います。

得点圏打率は.224と低かったのですが、逆に言えばそこしか欠点がないぐらいでした。

また、空振り率はセ・リーグでダントツに低い9%でした。(1桁は唯一)

この数値もリードオフマンとして素晴らしい点です。

通算1500安打を達成

2020年8月18日、第5打席目に内野安打を放ち、通算1500安打を達成しました

社会人からプロ入りし11年目での達成となりました。

ルーキーイヤーから出場し続け元気なままここまで行ったのは凄いことです。

達成後、次の目標では2000安打を見据えていました。

大卒→社会人経由の2000安打達成者はわずか3人(古田敦也、宮本慎也、和田一浩)と壁は高いですが、今年の活躍を見ると期待が膨らみます。

来年以降も安打を量産して達成してくれると信じています。

あとがき

以上、大島洋平選手の成績を振り返りました。

その他の選手の振り返りはこちらから見れます。↓↓

【中日ドラゴンズ】2020年成績 | みちだけブログ (pemcdk.com)

最後まで読んでくださりありがとうございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました