【中日ドラゴンズ】完勝で締め4カードぶり勝ち越し、7/14~7/16DeNAカード試合感想 #9

中日ドラゴンズ

中日ファンの筆者が試合内容を振り返りながら感想を書いていきます。

DeNA戦試合結果

7/14(火)●中日3-5DeNA

中日は初回に先制するも、先発・山本が踏ん張れず逆転負けで3連敗。

7/15(水)○中日2-1DeNA

中日がビシエドの2点タイムリーで先制。先発・松葉の好投、石垣のファインプレーもありそのまま逃げ切り接戦をものにした。

7/16(木)○中日8-0DeNA

阿部が3度のタイムリーの活躍もあり、コンスタントに得点を積み上げる。投手陣も完封リレーで完勝。4カードぶりの勝ち越し。

野手は日替わりのアピール合戦!固定していけるか

現在野手は、キャッチャー、セカンド、サード、ライトが流動的です。

ここに入っている選手で主な活躍を挙げてくと、

  • 石川昂弥、プロ初安打。
  • アリエル・マルティネス、プロ初本塁打。
  • 石垣雅海、逆転のピンチでサードライナーを好捕。
  • 阿部寿樹、1試合3度のタイムリー。
  • 溝脇、井領、石川駿らがスタメンで安打を記録。

阿部は、今回の活躍でまたスタメン復帰になる可能性が高いと思います。

チーム状況が悪い時期が続きましたが、多くの控え選手の活躍も目立っています。

ここで抜け出してスタメンで出続ける選手が出てきても面白いかもしれません。

奮闘を続ける中継ぎ陣

中継ぎ(リリーフ)というポジションは、特にシビアだなと思います。

1イニング抑えてもヒーローになるわけでもなく、打たれてしまうと敗因を突き付けられてしまう、そういうポジションです。

何試合も抑えて信頼を積み上げるポジションです

その中で、現在まで防御率0点台が3人(福、祖父江、マルティネス)。

最近は、藤嶋や佐藤も安定の投球を見せています。

これだけ勝ちパターンを任せられる投手がいれば、あえて投げる場所を固定しなくてもいいかもしれません。

このカードの2戦目、中継ぎの継投は、藤嶋→祖父江→福→マルティネスでした。

3戦目は、佐藤→ゴンサレス→福→岡田で点差が開かなければ最終回はマルティネスだったところでしょうか。

祖父江、福、マルティネスを中心に登板が重んだら藤嶋、佐藤、ゴンサレスらが入るというのもありかもしれません。

中継ぎ陣の縁の下の力持ちは感謝です。

最後まで読んでくださりありがとうございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました