【中日ドラゴンズ】9月に入って2カード連続の勝ち越し、9/4(金)~9/6(日)ヤクルト戦試合感想 #24

中日ドラゴンズ

中日ファンの筆者が試合内容を振り返りながら感想を書いていきます。

ヤクルト戦試合結果

〇中日4-2ヤクルト

中日の先発・柳が4回2失点で降板するも5回にアルモンテのタイムリーで同点、6回に高橋の2ランホームランで勝ち越しに成功した。

〇中日3-1ヤクルト

両チームの投手陣が奮闘し1-1で延長戦へ。10回にタイムリーエラーで中日が勝ち越し。

●中日3-10ヤクルト

中日は初回、ビシエドのタイムリーで先制するが、先発・ロドリゲスが6回に逆転を許すとそこから突き放されて大敗。

木下雄介がプロ初セーブを記録

2戦目に木下雄介がプロ初セーブをマークしました。

8回に勝利の方程式の福が同点に追いつかれ9回に守護神のマルティネスが投げ10回に味方が勝ち越したため最終回のセーブ機会に抜擢されました。

これまで力のある速球を中心としたピッチングで結果を出していました

大学中退、ケガ、育成指名といった様々な苦難を乗り越えてここまで来た苦労人でもあります。

今回見事抜擢に応えたので大事な場面での起用が増えると思います。

今後の活躍にも注目していきたいです。

今週は首位・巨人戦と鬼門・ハマスタDeNA戦

次の火曜日からは首位・巨人戦が始まります。

前回のカードで自力優勝が消滅し現在10ゲーム差、ここで負けるといよいよ後がなくなります。

その次のまだ1勝もできていないハマスタでのDeNA戦も重要です。

8月の好調から一度は失速するも借金3で踏みとどまっている状態、今週の戦いは浮上のための大事な週にしていきたいところです。

特に火曜日に先発が予想される大野と菅野の投げ合いは必見です!



最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました