【中日ドラゴンズ】甲子園で未だ勝てず3連敗、8/25(火)~8/27(木)阪神戦試合感想 #21

中日ドラゴンズ

中日ファンの筆者が試合内容を振り返りながら感想を書いていきます。

阪神戦試合結果

●中日1-5阪神

中日は2回に先制するも逆転負け。打線も阪神の先発・高橋に抑え込まれる。

●中日3-11阪神

中日は阪神のホームラン攻勢で11失点の大敗。

●中日3-6阪神

中日は初回先制をするも中日の先発・柳が中盤逆転を許してそのまま敗戦。

甲子園、ハマスタで未だ勝ち星なし

5カード連続の勝ち越しの上昇ムードから一変、甲子園での阪神戦で3連敗を喫しました。

今シーズンこの甲子園とハマスタでまだ1勝もできておらず鬼門となっています。(ともに6戦6敗)

せっかくの良い流れを続けていくためには鬼門を無くしていく必要があります。

甲子園とハマスタで試合があるたびに負けていてはいつまでたっても上には行けませんからね。

明日からは東京ドームで巨人と3連戦。

ここまで2度連敗ストッパーを成し遂げている先発・松葉に期待です。

今回のカードで6被弾、先発陣が踏ん張れず

これまでの好調の要因を作っていた先発陣が今回は踏ん張れませんでした。

この3連戦で6本のホームランを許しました。

さらに、その内訳をみるとボーアに3本、サンズに2本、陽川に1本でした。

両外国人に仕留められたという印象でした。

特にボーアはここまで中日戦で安打数8安打ながら最多の5本塁打をマークしています

これからも阪神の両外国人の対戦が大事になっていきそうです。

2軍で好調打者多数、野手のテコ入れはあるか

2軍では打撃好調な選手がたくさんいます。

リーグ断トツの首位打者である石垣規定打席未到達ながら打率3割越えの岡林、石橋、渡辺打率3割間近のシエラ、石川昂弥

この名前を挙げた6人は1軍に上げてみても面白いかもしれません。

というのも現在の1軍の控え選手は守備は固いものの打撃で結果を残せているのは井領ぐらいだと思います。

控えに打てる選手を多く入れておくのは作戦の1つかもしれません。

まあでも石川昂弥を上げるのであればスタメンで使ってほしいと思います。



最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました