【中日ドラゴンズ】投打が噛み合い,快勝!6/30(火)試合感想 #2

中日ドラゴンズ

試合結果

○中日5-0阪神

試合は5回まで中日・柳、阪神・青柳の投手戦で0行進が続く。

試合が動いたのは6回裏、阿部のタイムリーヒットで中日が先制。

さらに、7回裏、アルモンテの満塁ホームランで一気に突き放す。

中日は、先発の柳が7回無失点の好投で後続の投手も0点で抑え投打が噛み合い快勝しました。

中日は今回の勝ち方が理想?

今回は見事に気持ちのいい勝利でした!

このような試合が続けば心穏やかに見ていられますけど(願望)、

今年の中日は、先発投手が粘り、打線が先制点を取り、中継ぎ陣がキッチリ締めくくるといったまさに今回のような展開が主な勝ちパターンになってくるのではないかと感じました。

もちろん、今回のようにうまくいく日ばかりではありません。

優勝へ向けてこのような試合展開を増やしていけるよう期待しています。

気になった点:打順は1番、2番のみ固定できてない!どちらがいい?

打線で唯一固定できていないのが1番、2番の大島、平田です。(他にも選手の入れ替わりは多少ありますが)

開幕時は、1番・大島、2番・平田で始まりました。

途中で平田が不調に陥りましたが、1番・平田、2番・大島という起用で平田が復調し始めました。

今後もこの打線でやっていくのかなと思っていたら、

今回の試合でまた1番・大島、2番・平田の戻っていました。

平田は1番のほうがイキイキ打てているから1番・平田のほうがいい、

といった声もちらほら聞きます。

ここに関しては、まだ首脳陣も迷っているのかなと感じます。

とは言っても、それ以外の打順はほぼ固定できていて、

これはドラゴンズの強みではないかと思います。

野手は本当にここ数年で戦力が整ってきましたね。

勝負どころの1本、これに期待!!

最後まで読んでくださりありがとうございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました