【中日ドラゴンズ】先発陣の奮闘で5カードぶりの勝ち越し、7/31(金)~8/2(日)ヤクルト戦試合感想 #14

中日ドラゴンズ

中日ファンの筆者が試合内容を振り返りながら感想を書いていきます。

ヤクルト戦試合結果

〇中日5-3ヤクルト

中日はヤクルトに先制を許すも4回に2点を返し6回に逆転に成功。

中日の先発・大野は最後まで投げ切り完投勝利。

〇中日3-1ヤクルト

中日の先発・勝野は前回の登板に引き続き8回1失点の好投。

打線は8回、大島のタイムリーで勝ち越しに成功し、カード2連勝。

△中日0-0ヤクルト

両チームの投手戦で最後まで0行進が続き引き分け。

中日の先発・梅津は延長戦まで投げ続け10回無失点の快投を見せた。

先発陣の力投続く、中継ぎで登板したのはマルティネスのみ

ここ最近、先発陣の力投が目立っています。

特に変わってきていると思った点は、7回以上を投げる投手が増えたという点です。

この1週間だけ見ても、松葉、大野、勝野、梅津の4人が7回以上を投げています

この他にも福谷が6回無失点の好投をしています。

先発ローテーションはこの5人に岡野のところに代わって柳が入るので

非常に期待が持てます。

先発陣が好投した1週間でしたが試合結果は3勝1敗2分だったので

打線の援護にも期待したいです。

打線はどう?投打の噛み合いを増やしていけるか

投手陣が頑張っているとなると打撃陣の調子も気になります。

この1週間の1敗は松葉がHQSの好投も完封負け。

日曜日の試合も梅津が10回無失点の快投も打線の援護はありませんでした。

打線は水モノなので毎回打てるわけではないですが先発陣の奮闘でチームが上向きかけている今、チャンスをモノにして勝てる試合をきっちり拾っていきたいところです

ニュース:Y・ロドリゲスが支配下登録

8月2日に育成選手のY・ロドリゲスが支配下登録をされました

今シーズン育成選手から支配下登録を勝ち取ったのは

シエラ、A・マルティネスに続き全体かつ外国人3人目となりました。

Y・ロドリゲスは2軍で5試合先発と中継ぎで登板し17回3分の2を投げ、失点はわずか1で防御率0.51の好成績を収めていました

前に1軍昇格が期待される2軍選手の記事の中にも名前を挙げていました。↓↓

1軍昇格に関しては外国人枠があるのでいつになるか分かりませんがそう遠くないと思います。

先発またはロングリリーフのできる中継ぎとして活躍してほしいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました