【中日ドラゴンズ】岩瀬以降のクローザーの系譜

中日ドラゴンズ

中日の2000年中盤から2010年前半にかけて岩瀬仁紀が絶対的守護神として君臨していました。

その岩瀬も晩年は抑えの座を譲りました。

しかし、それ以降抑えを固定できていないのが現状です

そのため、中日の現役選手には抑え経験のある投手が数多くいます。

今回は、岩瀬が明確に抑えを譲った2014年以降の抑えの系譜を見ていこうと思います。

2014年以降セーブを挙げた選手

2014年

岩瀬仁紀(20S)、福谷浩司(11S)、又吉克樹(2S)、朝倉健太(1S)、岡田俊哉(1S)

この年まで開幕時点で抑えは岩瀬でした。

しかし、夏場に岩瀬が故障で抹消されると、その後は主に中継ぎで結果を残していた福谷が抑えを任されました。

2015年

福谷浩司(19S)、田島慎二(9S)、浅尾拓也(3S)、山井大介(2S)、祖父江大輔(1S)

昨年に引き続き開幕時は福谷が抑えを任されます。

しかし、なかなか投球が安定せず1年間持ちませんでした。

その後は、主に田島が抑えを務めました。

2016年

田島慎二(17S)、福谷浩司(8S)

開幕時は福谷が抑えを務めるも不調で途中から中継ぎで結果を残していた田島と配置転換。

2017年

田島慎二(34S)、岩瀬仁紀(2S)、祖父江大輔(1S)

この年は開幕から田島が抑えを任され見事1年間抑えを全う。

リーグ2位の34Sを記録しました。

2018年

田島慎二(15S)、佐藤優(5S)、鈴木博志(4S)、岩瀬仁紀(3S)、ロドリゲス(1S)

昨年に引き続き田島が抑えを務めるも不安定な投球が続き鈴木博志に配置転換。

終盤には佐藤が務めるなど、抑えが固定できませんでした。

2019年

鈴木博志(14S)、岡田俊哉(13S)、R・マルティネス(8S)、祖父江大輔(1S)、ロドリゲス(1S)

オープン戦で結果を残した鈴木博志が開幕時に抑えに抜擢されます。

しかし、長くは続かず夏場にはR・マルティネス、終盤は岡田が務めこの年も抑えは固定できませんでした。

2020年(9月18日時点)

R・マルティネス(12S)、岡田俊哉(3S)、木下雄介(1S)

開幕時は昨年に引き続き岡田が抑えを務めます。

しかし、結果を残せず1か月足らずでR・マルティネスに配置転換し現在まで抑えを務めています。



福谷浩司

岩瀬の離脱時に抑えを抜擢されたのがこの福谷でした。

その2014年は、中継ぎと抑えでフル回転し活躍。

抑えとして1年間活躍することはできませんでしたが、現在は先発転向を果たし先発ローテーションを担っています

是非、役割は違えど今の居場所を全うしてもらいたいと思います。

田島慎二

中継ぎで結果を残し続け、福谷の不調時に抑えに回っていたりしていました。

2017年には34Sを記録し、2014年以降で唯一1年間抑えを担った選手です

近年は思うような結果を残せず、現在はトミー・ジョン手術後のリハビリ中です。

実績のある選手なだけに復活を期待したいです。

鈴木博志

入団時から抑えを希望していて、ルーキーイヤーから短い期間ながら抑えに抜擢されました

2年目の昨年は、開幕から抑えを務めますが1年間持ちませんでした。

今シーズンは、中継ぎでも結果を残せず2軍暮らしが続いています。

抑え向きの投手だと思うので、まずは1年間結果を出して首脳陣の信頼を勝ち取ってもらいたいところです。

佐藤優

2018年の終盤に中継ぎで結果を残していた佐藤が配置転換という形で抑えに抜擢されました

時折制球を乱してしまい、まだ1年間活躍した年がありません。

抑えまで務めた投手としてまだまだ活躍してもらいたいです。

R・マルティネス

2019年は勝利の方程式の一角として活躍。

夏場に抑えを任され国際大会でチームを離れるまで8Sを記録します。

今シーズンも不調の岡田に代わって抑えを任されて安定した投球を続けています

昨年まではランナーがいるときのピッチングが不安視されていましたが今年に入って改善されていると思います。

現在抑えを務めていますが24歳の外国人投手ということでいつまでチームにいるか分からないのでいつかかわる時が来るでしょう。

岡田俊哉

中継ぎで実績のある投手として昨年の終盤に抑えに抜擢され13Sを記録しました

今シーズンも開幕時には抑えを任されましたが、結果を残せず現在は2軍落ちにまでなってしまいました。

あの岩瀬も昨年の抑え抜擢時に岡田を推薦したほど実力は認められている投手なのでまた戻ってきてもらいたいです。



まとめ

上記に挙げた田島、鈴木博志、佐藤、岡田の4人は抑えを担った後思うような成績を残せず現在は1軍にもいない状況なので、抑えの重責がいかに大変なものなのかが分かります。

現在は外国人投手であるR・マルティネスが抑えを務めていて、日本人投手の候補にも期待したいところです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました