【中日ドラゴンズ】1軍昇格が待たれる主な選手その2、8月24日時点

中日ドラゴンズ

7月の中旬にこんな記事を書きました。↓↓

ここで紹介した後、5選手のうち3選手が1軍昇格を果たしてくれました。

しかし、まだまだ楽しみな選手が2軍にはたくさんいます。

ということで8月24日現在、上記の記事の5選手を除いた1軍昇格が待たれる主な2軍選手を紹介していきたいと思います

【スカパー!】1chから自由に選べて変えられる!

石垣雅海

8月24日までの2軍成績:27試合92打数2本塁打12打点1盗塁 打率.359

7月に1度1軍昇格を果たしましたが、結果が残せずここまでまた2軍暮らしが続いています。

しかし、降格後の2軍では打ちまくり、現在ウエスタンリーグの首位打者となっています

2軍では数字を残せる選手となっているので後は1軍で結果を残せるかだと思います。

2軍での活気を1軍でも見せてほしいと思います。

石川昂弥

8月24日までの2軍成績:23試合84打数25安打2本塁打8打点2盗塁 打率.298

7月には高橋の離脱で緊急昇格を果たし序盤は苦戦するも徐々に適応力を見せました。

現在は2軍で試行錯誤しながらだと思いますが打率は3割目前まで迫る活躍を見せています

高卒ルーキーでここまでのポテンシャルを見せるのはやはりさすがです。

最初の1軍は緊急昇格という形でしたが今度はしっかり実力で上がって活躍してくれると思います。

石橋康太

8月24日までの2軍成績:28試合73打数22安打2本塁打16打点0盗塁 打率.301

高卒2年目の今シーズン、守備、打撃ともに成長を遂げているキャッチャーです。

2軍のレギュラーキャッチャーとして出場し失策はリーグ最少、打率も3割をキープしています

1軍には木下、郡司、加藤がいてアリエルも台頭しキャッチャー争いはし烈ですが石橋も見てみたいと期待させてくれます。

シエラ

8月24日までの2軍成績:27試合80打数25安打2本塁打7打点1盗塁 打率.313

今年育成選手として入団した選手でメジャーの実績もありすでに支配下登録をされています。

2軍では上記の通りの見事な成績を残しており、特に8月に入ってから状態が上向いています

1軍となると気になるのは外国人枠ですが、現在1軍の外国人は5人でいっぱいになっているので今の状態だとゴンサレスの代わりに上がってヤリエルがベンチ外の時に出場という感じになるでしょうか。

とにかく、1軍の試合に出場すれば活躍する雰囲気があります。

渡辺勝

8月24日までの2軍成績:22試合68打数23安打1本塁打9打点2盗塁 打率.338

開幕1軍を果たしましたが、打席では7打席無安打6三振と結果を残せず1か月で2軍降格となりました。

しかし2軍では、逆転サヨナラホームランを放つなど打率3割越えの活躍を見せています

この渡辺も石垣と同じく2軍では数字を残せる選手なので是非1軍の壁を破ってもらいたいです。

まとめ

今回紹介した選手たちを見てもわかるとおり、2軍にはレギュラー出場をしながら打率3割越えをしている選手が多いです。

今チームは好調ですが、状態が落ちてきたときに起爆剤として数人1軍に送り込んでも面白いかもしれません。

特に、まだ今シーズン1軍昇格していない石橋とシエラは見てみたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました