【SASUKE】オールスターズに次ぐ新戦力、SASUKE新世代のこれまでの戦績(1)(第37回大会終了時点)

選手紹介

第3期(第18回~第24回)の後半から台頭し、そこから中心となって活躍したSASUKE新世代の方達のこれまでの戦績を2回に分けて11人の選手を紹介したいと思います。今回は5人の選手を紹介したいと思います。

2度の完全制覇、新世代のリーダー、漆原裕治

漆原裕治さんのこれまでの成績はこちらです。

出場 2nd進出 3rd進出 FINAL進出 完全制覇 最速タイム 最優秀成績
17回 11回 6回 3回 2回 3回 4回
11位 5位T 12位T 2位T 1位 7位T 3位

第21回大会前、山田勝己さんの地元で行われたイベントで目に留まるパフォーマンスを見せ、見事本選初出場を果たしました。

続く2回目の出場となる第22回でいきなりファイナリストとなり、この時期予選会から勝ち上がってきた多くの若者達のリーダー的存在となりました。

そして、第24回に見事完全制覇を達成

第27回には、史上初となる2度目の完全制覇を達成し、SASUKEの絶対的存在に成り上がりました。

その後は、思うような成績が残せない時期が続きましたが、第34回に引退を賭けた中で見事1stをクリアし復活。

40代になった今でも、3rdの難関エリアをクリアするなど衰え知らずの成績を残しています。

元トランポリン選手、長崎峻侑

長崎峻侑さんのこれまでの成績はこちらです。

出場 2nd進出 3rd進出 FINAL進出 完全制覇 最速タイム 最優秀成績
15回 11回 7回 1回 0回 1回 1回
4位 5位 7位T 15位T 8位T

初出場は第14回。高校生のトランポリン選手として出場し、いきなり1stクリアを果たします。

他の新世代の選手とは違って予選会から勝ち上がってといった形ではありませんが(時期も少し早い)、新世代の1人に数えられています。

また、1番最初にSASUKE新世代と呼ばれた選手でもあります

第17回には、この時完全制覇を達成した長野誠さんとともにファイナリストになります。

高校生の時から実力は本物でした。

第20回~第28回の間は、トランポリン選手としてオリンピック出場を目指すために欠場しますが、その後トランポリン選手を引退し第29回から再出場し現在まで出場を続けています。

2nd、3rd進出回数は、新世代の中でトップです。

1st、2ndの安定感は見事でしたが、近年はここで苦しんでいる状況です。

復活を期待したいと思います。



肉体美を持つ新世代の先駆け的存在、菅野仁志

菅野仁志さんのこれまでの成績はこちらです。

出場 2nd進出 3rd進出 FINAL進出 完全制覇 最速タイム 最優秀成績
15回 8回 6回 1回 0回 1回 1回
11位T 6位T 7位T 15位T 8位T

第20回に予選会を勝ち上がって初出場。

第22回に3rdまで進出し、漆原裕治さんとともにSASUKE新世代として頭角を現します。

そして、続く第23回でファイナリストとなります

その後は、1stと2ndでリタイアする時期が続きますが、

第5期(第28回~第31回)は、全て3rd進出という活躍を見せました。

特に第31回では、これまで3度阻まれたクレイジークリフハンガーをクリアしその場で泣き崩れるほど感情を露わにしました

こういった熱い部分も菅野さんの魅力です。

近年は欠場もしながら中々クリアできていない状況ですが、またウォールリフティングを一番上まで上げる菅野さんを見たいです( `ー´)ノ

離れ離れになった家族の前で才能が開花、川口朋広

川口朋広さんのこれまでの成績はこちらです。

出場 2nd進出 3rd進出 FINAL進出 完全制覇 最速タイム 最優秀成績
13回 7回 6回 1回 0回 0回 0回
16位T 6位T 7位T

第21回に予選会を勝ち上がって初出場。

第24回に初の1stクリアを果たします。

その後は、予選敗退もあってクリアを果たせずにいましたが、

第30回にファイナリストとなり一躍SASUKEの中心選手となります

第30回以降は、8大会中6大会で3rd進出という安定感です。

現在は、3rdの終盤エリアで足踏みしている状態ですが、次の完全制覇者となりえる選手の1人であると思っています。

完全制覇を達成したら引退することを公言しています

川口さんは、幼い時に両親が離婚し自身も非行に走るという日々を送っていました。

そんな中でSASUKEと出会い、会場に両親を招待し始めてから成績も上がっていきました。

SASUKEを通して両親に恩返しすることがモチベーションの1つになっているのかもしれません。

日本一のSASUKE愛、朝一眞

朝一眞さんのこれまでの成績はこちらです。

出場 2nd進出 3rd進出 FINAL進出 完全制覇 最速タイム 最優秀成績
8回 6回 5回 0回 0回 3回 0回
19位T 15位T 7位T

第21回に予選会を勝ち上がって初出場。

その後予選敗退がありながらも、第27回に念願の1stクリアを達成します。

第28回からは3度の最速タイムを含む4大会連続で3rd進出を果たし、新世代入りとなります。

足の怪我の影響で第33回の出場を最後に現在は欠場が続いています。

背中にSASUKE愛と文字を書いたり、挑戦前に彼女にプロポーズをするなど選手の中でもSASUKEに対する熱意は人一倍です

朝さんは今のSASUKEに必要な選手だと思うので是非戻ってきてもらいたいと思っています。

あとがき

今回は、SASUKE新世代の5人を紹介しました。

残りあと6人の選手の紹介はこちらになります。↓↓

最後まで読んでくださりありがとうございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました